カシャッサ

日本とブラジルをつなぐ国際交流団体KIMOBIG(キモビッグ)が主催するフェスタジュニーナ(6月祭り)「ブラジル田舎っぺ祭り2019」で、クラフトカシャッサ(カシャッサ・アルテザナウ)を、香りや見た目など五感を使って楽しむワークショップを開催します。

試飲体験では、本場ブラジルのカシャッサ愛好家たちの試飲の仕方を紹介しながら、日本に上陸している銘柄(ウェーバーハウス、カシャーサ・ダ・キンタ、セレッタ、ファゼンダ・ソレダージ、ボアジーニャ)各種を味わいます。

アンブラーナ、イペー、パウ・ブラジルといったブラジル独特の木の樽で熟成させたものから、カルバーリョとカブリウーヴァの2種類の樽を使ったミックスタイプなど、樽に使われた木の違いによるカシャッサの違いを堪能していただきます。

またブラジルのカシャッサ最新事情もご紹介します。

「五感で楽しむクラフトカシャッサ」
(※参加資格:20歳以上)
会場:IKI-BA内 ワークショップスペース
日時:6月29日 18:00~18:50
費用:2500円
当日現金でお支払いください。
予約は「氏名、人数、当日連絡先」を明記し info@kimobig.jp までご連絡ください 。詳細は「 ブラジル田舎っぺ祭り 2019」FBをご覧ください。

※写真上はパライーバ州で発売されたフェスタジュニーナ仕様の缶入りカシャッサ