(写真/Caipirinha do Pirajá – Divulgação)

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、多くの都市で商業活動や外出が制限が行われているブラジルで、広く家庭内でカイピリーニャなどカシャッサを使ったカクテルを楽しんでもらおうと、サンパウロの人気バーテンダーたちが、各店の人気カクテルのレシピを公開した。現地メディア「フォーリャ・ジ・サンパウロ」が伝えている。

カイピリーニャは、ブラジルの国民酒カシャッサ(サトウキビから造られる蒸留酒)をベースにした、ブラジルを代表するカクテル。カシャッサ、ライム、砂糖、氷だけで作られるのがクラシック・スタイルで、このレシピは法律でも定められている。

ただし市場では定番のクラシック・スタイルだけでなく、ライムの代わりにさまざまなフルーツを使ったヴァリエーション豊かなカイピリーニャが人気を博している。

レシピを公開したのはヴェローゾ、エスキーナ・ジ・ソウザなどサンパウロの人気店のチーフバーテンダーたちだ。

●Ela é Minha e Ninguém Tasca(俺の女に手を出すな)

こちらもカイピリーニャがおいしい店として名高いボテコ「ピラジャー」のウェリントン・カストロさんが提案するのは、同店ではおなじみのハパドゥーラ(未精製の砂糖)を使ったヴァリエーション。カクテル名は古いサンバの歌詞からの引用です。

<材料>

氷をお好みの量、クラッシュアイスでも可
カシャッサ 60ml
タヒチライム1個
搾ったシシリアレモン1個
溶かした未精製の砂糖(パネラシュガーに近い) スプーン一杯

<作り方>

ライムを縦に8等分切りにしてグラスへ。未精製の砂糖を加えてマセラドールでライムを潰してからレモン汁と氷を入れる。カシャッサを加え、バースプーンで混ぜる。氷の上にスライスしたシシリアレモンと、未精製の砂糖を飾りでふりかけて完成。

(記事提供/MEGA BRASIL