新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、多くの都市で商業活動や外出が制限が行われているブラジルで、広く家庭内でカイピリーニャなどカシャッサを使ったカクテルを楽しんでもらおうと、サンパウロの人気バーテンダーたちが、各店の人気カクテルのレシピを公開した。現地メディア「フォーリャ・ジ・サンパウロ」が伝えている。

カイピリーニャは、ブラジルの国民酒カシャッサ(サトウキビから造られる蒸留酒)をベースにした、ブラジルを代表するカクテル。カシャッサ、ライム、砂糖、氷だけで作られるのがクラシック・スタイルで、このレシピは法律でも定められている。

ただし市場では定番のクラシック・スタイルだけでなく、ライムの代わりにさまざまなフルーツを使ったヴァリエーション豊かなカイピリーニャが人気を博している。

レシピを公開したのはヴェローゾ、エスキーナ・ジ・ソウザなどサンパウロの人気店のチーフバーテンダーたちだ。

●Abacaxi e manjericão(パイナップルとバジル)

ブラジル料理の人気店「ジェキタイア」の向いある「バール・ジェキタイア」もおいしいカシャッサとカイピリーニャを提供するお店として有名。同店のバーテンダー、ダヴィジ・モライスさんは、パイナップルとバジルを使ったヴァリエーションを紹介した。

<材料>


カシャッサのホワイト(熟成していないもの) 60ml
サトウキビの糖蜜 15ml
パイナップル 5片
生バジルの葉 6枚

<作り方>

パイナップルと糖蜜、バジルをグラスに入れて軽く潰し、パイナップルの果汁とハーブの香りを出す。グラスに氷を入れ、カシャッサを注ぐ。よく撹拌することでアルコール度数を薄めると飲みやすい。

(記事提供/MEGA BRASIL