アサイーの日 カシャッサ カシャッサカウンシル

9月16日が、日本記念日協会が認定する「アサイーの日」として登録されたことを受けて、株式会社フルッタフルッタは9月12日、駐日ブラジル大使館にて、記念日制定の発表と、これを祝う祝賀パーティが行われました。

アサイーはブラジル、アマゾン地方原産の椰子科の植物で、その果実にはポリフェノールや鉄分、ビタミンE、不飽和脂肪酸など豊富な栄養素や抗酸化成分が蓄えられていることから、先住民の時代からこの地で食べられていたスーパーフードとしてしられています。

パーティでは、カシャッサの「ベーリョ・バヘイロ」と、ライムの代わりに、アサイーを使った同社製品「アサイーベーシック」(原料:アサイーピューレ、レッドドラゴンフルーツ、マンゴスチン、黒糖、ココナッツウォーター、ビーツ、塩)を使った「アサイーカイピリーニャ」が振舞われ、レシピも紹介されました。

株式会社フルッタフルッタによるレシピは以下。

アサイーベーシック 90g
カシャッサ 45ml
ライム 90g
クラッシュアイス 適量

作り方は、グラスにライムを入れ、アサイーベーシック、クラッシュアイス、カシャッサを注ぐだけ。

このパーティには抽選で選ばれた大勢のアサイー好きの人たち(アサイーニスト)が集い、 日本ではまだ広く知られていない現地でのアサイーの食べ方を体験したり、セミナーで、アサイーの産業化に日本人移民が果たした貢献や、果実を生産する農業組合が取り組んでいる持続可能な農法についての見識を深めました。